Latest

菅義偉新首相が宣言した「温室効果ガス2050年ゼロ」により、世界の流れになっている地球温暖化か防げないだけでなく、日本の重要な製造業が国際的な競争力を失います。今後の日本のエネルギー政策は、化石燃料の枯渇に備えて、残された化石燃料を全ての国で分け合って大事に使うことを世界に訴えることでなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約): ⓵ 菅首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言の実行では、日本の製造業に必要なエネルギーコストが高くなり、製造業界の国際競争 […]
Read More

「新型コロナウイルス問題(以下、「コロナ問題」と略記)より怖い選挙の票を重視した菅義偉首相は、あれだけこだわっていたGo toキャンペーンを、急転直下、一時停止しました。これで「コロナ問題」は収束し、日本経済は再生できるのでしょうか?

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の先生方が、医療崩壊をもたらそうとしている感染者数の増加に寄与している政府のGo to […]
Read More

“2030年半ばまでに脱ガソリン車の使用が迫られる日本“ が、菅首相の2050年脱炭素社会の実現のために求められています。しかし、地球温暖化対策としての脱炭素社会の実現の必要がなければ、脱ガソリン車への変換時期は、最も安価に自動車を走らせるための市場経済原理に従って決められるべきです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 2030年代半ばには、日本でもガソリンやジーゼル油で走るエンジン車が使えなくするとの菅首相の宣言は、脱炭素社会を求める世界の […]
Read More

オーストラリアの豊富な資源量の褐炭から造られる安価な水素を、いま、世界が大騒ぎしている地球温暖化対策としての脱炭素社会創設のためのエネルギー源として日本に持ってくる必要はありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ オーストラリアで、豊富な資源量の褐炭から造られる安価な水素を、脱炭素社会を求めるエネルギー源として、日本に輸送することが、日 […]
Read More

「Go toキャンペーン」による経済成長優先対策を実施しながら、「新型コロナウイルス問題(以下「コロナ問題」と略記)」を収束させる手品師でなければ詐欺師の菅氏が、日本経済を破綻の淵に追いやろうとしています

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ いま、「新型コロナウイルス問題(以下、「コロナ問題」と略記)で落ち込んだ経済を再生させるために、この「コロナ問題」を速やかに […]
Read More

アベノミクスのさらなる成長戦略を継承した菅義偉新首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言は、国家財政の赤字を積み増すとともに、人類の生存に大きな安全対策上の不安を招く老朽原発の再稼動を要求します

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 菅新首相による「温室効果ガス2050 年ゼロ」宣言は、地球温暖化をもたらすとして、現状で最も安価なエネルギー供給手段である石 […]
Read More

地球温暖化より怖い貧富の格差を解消するために重要な役割を果たしている日本の石炭火力発電技術は、排除されるべきでありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 地球温暖化の脅威を防ぐために、世界の貧富の格差の解消に重要な役割を果たしている日本の石炭火力発電技術が不当な扱いを受けて消え […]
Read More

学術研究における「軍民両用」の検討での見直しを要請する菅政権によって、学術会議の存立が否定され、安倍前首相による憲法改正の目的が、形を変えて実行されようとしています。菅首相の手によって行政改革の対象にされた学術会議が消え去ってもよいのでしょうか ?

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 日本を軍備を持てる普通の国にしようとする安倍前首相の改憲政策に反対する学術会議は、安倍前内閣が要求していた学術研究者の軍事研 […]
Read More

トランプ氏を米大統領職から追いやった世界の新型コロナウイルス問題収束への道は、私どもが提言する「PCR検査の徹底」によってのみ実行可能となります

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ アメリカ大統領選挙を左右したと言われる新型コロナウイルス問題の収束が、選挙で勝利を確実にしたバイデン次期大統領にとっての重要 […]
Read More

アベノミクスのさらなる成長戦略を継承した菅義偉新首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言は、地球温暖化対策にならないだけでなく、世界平和を脅かしている貧富の格差の解消に貢献しません (その3 )いま、日本が主張すべきことは、世界の貧富の格差を解消するための先進国における化石燃料消費の節減による世界平和の追求でなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 2050 年の化石燃料消費節減目標を達成するためには、わが国のエネルギーの基本計画を見直す必要があります。これが、アベノミク […]
Read More