Author: 久保田宏

緊急事態宣言の発令の結果として、テレワークやテレビ授業のような社会構造の大きな変革が安易に求められるべきではありません。科学的に合理性のない、IPCCが訴える地球温暖化対策を目的としたエネルギー政策の実行は廃止すべきです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ IPCC(気候変動に関する政府間パネル、国連の下部機構)が求める地球温暖化の脅威を防ぐための脱炭素化社会の実現のためのエネル […]
Read More

国民のための「コロナ問題」の収束の目的は、コロナウイルスへの感染者数ゼロの実現と、その実現による「新型コロナウイルス問題(以下「コロナ問題」と略記)」の一刻も早い収束でなければなりません。しかし、菅首相は、「コロナ問題」で落ち込んだ日本経済を再生することを優先するために「コロナ問題」の収束を図っています

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 菅首相は「コロナ問題」で落ち込んだ日本経済を再生することを最優先して「コロナ問題」の収束を図るためのGo to キャンペンに […]
Read More

IPCCが世界に訴えている地球温暖化の脅威を防ぐために、国民の大事なお金を使う必要はありません。現代文明社会を支えている化石燃料の枯渇が迫るなかで、世界の全ての国での「感染者数ゼロ」を達成するまで、「PCR検査の徹底」を実行することが、政府による緊急事態宣言下での「新型コロナウイルス問題」解決の唯一の道でなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎  (要約); ⓵ IPCC(地球温暖化問題に関する政府間パネル、国連の下部機構)が訴える地球温暖化のCO2原因説が科学の原理だとされて、政治 […]
Read More

いま、国難と言われる「新型コロナウイルス問題(以下、「コロナ問題」と略記)」の完全収束のための緊急事態宣言を、一刻も速く実効あるものにするには、政治による「PCR検査の徹底」こそが求められなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 政府による1都3県の緊急事態が宣言されましたが、その期限が一月後の2月7日とされました。菅首相は、それまでに、この「コロナ問 […]
Read More

科学的根拠のない地球温暖化のCO2原因説を政治的に支持する菅首相の「温室効果ガス2050年ゼロ」が求める日本の「2050年グリーン成長戦略」のなかで開発・利用されるとする「水素エネルギー社会の創設」は幻想に終わります。いや、終わらせなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 地球温暖化対策としての温室効果ガス(その主体は二酸化炭素(CO2))の削減のための「水素社会の創設」がEU諸国を中心に世界で […]
Read More

科学的根拠のない地球温暖化のCO2原因説を政治的に支持する菅首相の「温室効果ガス2050年ゼロ」が求める日本の「2050年グリーン成長戦略」は幻想に終わります。現代文明社会を支えてきた化石燃料の枯渇が迫るなかで、日本が、人類の生き残りのために貢献できる道は、全ての国が、地球上に残さされた化石燃料を、公平に分け合って大事に使い、貧富の格差の無い平和な世界を創ることを世界の政治に訴えることです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 「温室効果ガス2050年ゼロ」を宣言して、科学的な根拠がない地球温暖化のCO2原因説を支持する菅首相が、「新型コロナウイルス […]
Read More

菅義偉新首相が宣言した「温室効果ガス2050年ゼロ」により、世界の流れになっている地球温暖化か防げないだけでなく、日本の重要な製造業が国際的な競争力を失います。今後の日本のエネルギー政策は、化石燃料の枯渇に備えて、残された化石燃料を全ての国で分け合って大事に使うことを世界に訴えることでなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約): ⓵ 菅首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言の実行では、日本の製造業に必要なエネルギーコストが高くなり、製造業界の国際競争 […]
Read More

「新型コロナウイルス問題(以下、「コロナ問題」と略記)より怖い選挙の票を重視した菅義偉首相は、あれだけこだわっていたGo toキャンペーンを、急転直下、一時停止しました。これで「コロナ問題」は収束し、日本経済は再生できるのでしょうか?

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の先生方が、医療崩壊をもたらそうとしている感染者数の増加に寄与している政府のGo to […]
Read More

“2030年半ばまでに脱ガソリン車の使用が迫られる日本“ が、菅首相の2050年脱炭素社会の実現のために求められています。しかし、地球温暖化対策としての脱炭素社会の実現の必要がなければ、脱ガソリン車への変換時期は、最も安価に自動車を走らせるための市場経済原理に従って決められるべきです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 2030年代半ばには、日本でもガソリンやジーゼル油で走るエンジン車が使えなくするとの菅首相の宣言は、脱炭素社会を求める世界の […]
Read More

オーストラリアの豊富な資源量の褐炭から造られる安価な水素を、いま、世界が大騒ぎしている地球温暖化対策としての脱炭素社会創設のためのエネルギー源として日本に持ってくる必要はありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ オーストラリアで、豊富な資源量の褐炭から造られる安価な水素を、脱炭素社会を求めるエネルギー源として、日本に輸送することが、日 […]
Read More