Author: 久保田宏

科学的な根拠のないIPCC(気候変動に関する政府間パネル、国連の下部機構)が訴えるCO2原因説による地球温暖化の脅威は起こりません。したがって、IPCCが訴える脱炭素化のために国民のお金を使う必要はありませんし、2050年までの「CO2(温室効果ガス)ゼロ」の実行は必要ありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ IPCCが訴える地球温暖化のCO2原因説には科学的な根拠はありません ⓶ IPCCによる地球温暖化のCO2原因説が正しかった […]
Read More

やがてやって来る化石燃料の枯渇後、その代替としての利用が期待される「水素エネルギー社会の創設」は、日本経済のマイナス成長を加速します。安倍晋三元首相の後を引き継いだ菅義偉首相により進められようとしている「はじめに燃料電池ありき」に導かれようとしている日本のエネルギー基本計画のなかの「水素エネルギー社会の創設」は幻想に終わります

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵  いま、世界の多くの国は、IPCC ( 気候変動に関する政府間パネル、国連の下部機構)の主張に従って、地球温暖化対策の脅威を […]
Read More

科学の常識に反する水素エネルギー社会の実現による地球温暖化対策としての脱炭素化を目的とする「パリ協定」の実行は幻想に終わります

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 科学的な根拠のない地球温暖化の脅威の到来論が世界の流れになって、脱炭素化社会実現のための水素エネルギー社会の推進が政治に求め […]
Read More

緊急事態宣言の発令の結果として、テレワークやテレビ授業のような社会構造の大きな変革が安易に求められるべきではありません。科学的に合理性のない、IPCCが訴える地球温暖化対策を目的としたエネルギー政策の実行は廃止すべきです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ IPCC(気候変動に関する政府間パネル、国連の下部機構)が求める地球温暖化の脅威を防ぐための脱炭素化社会の実現のためのエネル […]
Read More

国民のための「コロナ問題」の収束の目的は、コロナウイルスへの感染者数ゼロの実現と、その実現による「新型コロナウイルス問題(以下「コロナ問題」と略記)」の一刻も早い収束でなければなりません。しかし、菅首相は、「コロナ問題」で落ち込んだ日本経済を再生することを優先するために「コロナ問題」の収束を図っています

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 菅首相は「コロナ問題」で落ち込んだ日本経済を再生することを最優先して「コロナ問題」の収束を図るためのGo to キャンペンに […]
Read More

IPCCが世界に訴えている地球温暖化の脅威を防ぐために、国民の大事なお金を使う必要はありません。現代文明社会を支えている化石燃料の枯渇が迫るなかで、世界の全ての国での「感染者数ゼロ」を達成するまで、「PCR検査の徹底」を実行することが、政府による緊急事態宣言下での「新型コロナウイルス問題」解決の唯一の道でなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎  (要約); ⓵ IPCC(地球温暖化問題に関する政府間パネル、国連の下部機構)が訴える地球温暖化のCO2原因説が科学の原理だとされて、政治 […]
Read More

いま、国難と言われる「新型コロナウイルス問題(以下、「コロナ問題」と略記)」の完全収束のための緊急事態宣言を、一刻も速く実効あるものにするには、政治による「PCR検査の徹底」こそが求められなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 政府による1都3県の緊急事態が宣言されましたが、その期限が一月後の2月7日とされました。菅首相は、それまでに、この「コロナ問 […]
Read More

科学的根拠のない地球温暖化のCO2原因説を政治的に支持する菅首相の「温室効果ガス2050年ゼロ」が求める日本の「2050年グリーン成長戦略」のなかで開発・利用されるとする「水素エネルギー社会の創設」は幻想に終わります。いや、終わらせなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 地球温暖化対策としての温室効果ガス(その主体は二酸化炭素(CO2))の削減のための「水素社会の創設」がEU諸国を中心に世界で […]
Read More

科学的根拠のない地球温暖化のCO2原因説を政治的に支持する菅首相の「温室効果ガス2050年ゼロ」が求める日本の「2050年グリーン成長戦略」は幻想に終わります。現代文明社会を支えてきた化石燃料の枯渇が迫るなかで、日本が、人類の生き残りのために貢献できる道は、全ての国が、地球上に残さされた化石燃料を、公平に分け合って大事に使い、貧富の格差の無い平和な世界を創ることを世界の政治に訴えることです

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 「温室効果ガス2050年ゼロ」を宣言して、科学的な根拠がない地球温暖化のCO2原因説を支持する菅首相が、「新型コロナウイルス […]
Read More

菅義偉新首相が宣言した「温室効果ガス2050年ゼロ」により、世界の流れになっている地球温暖化か防げないだけでなく、日本の重要な製造業が国際的な競争力を失います。今後の日本のエネルギー政策は、化石燃料の枯渇に備えて、残された化石燃料を全ての国で分け合って大事に使うことを世界に訴えることでなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約): ⓵ 菅首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言の実行では、日本の製造業に必要なエネルギーコストが高くなり、製造業界の国際競争 […]
Read More