月: 2020年11月

地球温暖化より怖い貧富の格差を解消するために重要な役割を果たしている日本の石炭火力発電技術は、排除されるべきでありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 地球温暖化の脅威を防ぐために、世界の貧富の格差の解消に重要な役割を果たしている日本の石炭火力発電技術が不当な扱いを受けて消え […]
Read More

学術研究における「軍民両用」の検討での見直しを要請する菅政権によって、学術会議の存立が否定され、安倍前首相による憲法改正の目的が、形を変えて実行されようとしています。菅首相の手によって行政改革の対象にされた学術会議が消え去ってもよいのでしょうか ?

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 日本を軍備を持てる普通の国にしようとする安倍前首相の改憲政策に反対する学術会議は、安倍前内閣が要求していた学術研究者の軍事研 […]
Read More

トランプ氏を米大統領職から追いやった世界の新型コロナウイルス問題収束への道は、私どもが提言する「PCR検査の徹底」によってのみ実行可能となります

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ アメリカ大統領選挙を左右したと言われる新型コロナウイルス問題の収束が、選挙で勝利を確実にしたバイデン次期大統領にとっての重要 […]
Read More

アベノミクスのさらなる成長戦略を継承した菅義偉新首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言は、地球温暖化対策にならないだけでなく、世界平和を脅かしている貧富の格差の解消に貢献しません (その3 )いま、日本が主張すべきことは、世界の貧富の格差を解消するための先進国における化石燃料消費の節減による世界平和の追求でなければなりません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 2050 年の化石燃料消費節減目標を達成するためには、わが国のエネルギーの基本計画を見直す必要があります。これが、アベノミク […]
Read More

アベノミクスのさらなる成長戦略を継承した菅義偉新首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言は、地球温暖化対策にならないだけでなく、世界平和を脅かしている貧富の格差の解消にも貢献しません (その 2 )地球温暖化防止のための「2050年までのCO2排出ゼロ」が世界の流れだとしても、日本がこの流れに乗って「2050年CO2排出ゼロ」を実行しても、地球温暖化を防止することはできませんし、その必要もありません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 菅首相に「2020年CO2 実質ゼロ」を宣言させた世界の流れとは一体何なのでしょうか? ⓶ 今回の菅首相の「2050年までの […]
Read More

アベノミクスのさらなる成長戦略を継承した菅義偉新首相による「温室効果ガス2050年ゼロ」宣言は、地球温暖化対策にならないだけでなく、世界平和を脅かしている貧富の格差の解消に貢献しません (その 1 )地球温暖化が温室効果ガス(その主体は二酸化炭素(CO2))に起因するとしても、CO2の排出削減で、地球温暖化を防止することはできません

東京工業大学名誉教授  久保田 宏 日本技術士会中部本部 本部長 平田 賢太郎 (要約); ⓵ 菅首相が「温室効果ガス2050年ゼロ」を宣言しました。しかし、温室効果ガス(CO2)の排出ゼロを実行しても、いま進行している […]
Read More