原子力に未来はない、3.11がそれを証明した

原子力エネルギーは無限でも安全でもない
●ウラン資源は無限ではない、そして核燃料サイクル技術は破綻、核廃棄物の最終処分は10万年の課題、人間の解決できる問題ではない。1%の宣伝に乗ってはいけない、もう目覚めないと99%は。


 

●高速増殖炉もんじゅは原発より技術的に難しかった、繰返しの故障がをそれを証明した、しかも福井県の若狭湾はかって大津波がきており、複数の原発も造られている。 私はもんじゅに3回、運転前、運転中そして事故でとまってから視察しておりその原因は十分理解している、本当に些細な不注意な設計ミスが重大事故に繋がっていた。

●世界でまだここだけ、フィンランドの建設中の核廃棄物の最終処分施設、オンカロ、小泉元総理が見学して脱原発に改心したという。 日本列島には、フィンランドのような安定した地層はない、未だに候補地も決められない理由は、このような地球科学的な理由が底流にある、それを忘れている日本の原子力関係者、工学的な技術者。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です