「日本のプランB」とは




「日本のプランB」2010 石井吉徳

 「地球は有限、資源は質が全て」、日本の自然、地勢を取り入れた Relocalization 

1)海岸線長は世界6位、山岳75%、自然と共存する、浪費・無駄ない立体農業・新文明 

)石油ピーク:脱欧入亜、アメリカ主導のグローバリズムの凋落、マネー主義の終焉

)低エネルギー社会:1970年頃はエネルギー消費は今の半分、食料自給率60%の心豊か社会

5)石油ピークは流体燃料危機、脱車社会の鉄路、公共運輸の重視、自転車の利用

)少子化:民族生存のチャンス、人口少ないほど有利、年長者も働ける社会の構築

6)集中から地域分散、低密度の自然エネルギーは分散利用、評価はEPRの「量より質」

)石油依存農業の見直し、日本列島の有効活用、分散社会への技術、地産地消の立体農業

 8)先ず減量、循環社会3R;Reduce(減量)Reuse(再利用)Recycle(リサイクル)の最初のR

 9)効率優先の見直し、集中から地域分散、自然と共存をはかる、これは60倍の雇用が

10)GDP成長より心豊かに、もったいない、ほどほどに、人の絆を重ずる「幸福度、GNH」

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です