第一回 「3.11とJPIフォーラム」開催 2012年1月23日

 もったいない学会 「3.11とJPIフォーラム」開催のお知らせ  代表:田村理事より
日 時 2012年1月23日(月) 場 所 参加者数が決まり次第、会場を選定しお知らせします 

【フォーラム設立の趣旨】
国際エネルギー機関(IEA)が2006年石油ピークを公認し、今年になって「アラブの春」の席巻からOccupy Wall Street運動、さらに欧州の財政・金融危機が世界各国へ波及して、世界経済の矛盾が噴き出してきています。そして日本に3.11大震災・原発事故という未曽有の災害が襲い、何が特異に変わったかというと、工業社会の中で醸成されてきた自然観、エネルギー観、生活観、幸福観を根底から見直す事態になったことです。この時代が求める世界観の大変化を科学的に把握し、さらに石油減耗後の質的に豊かな持続可能な日本らしい進歩社会を創っていく展望、その理論と戦略の研究と実践が喫緊に重要だと考えます。 このような3.11後の時代要請から、もったいない学会では、「3.11とJPIフォーラム」を設立しました。

JPIとはJapan Progress Indicatorの略で、米国で開発されたGPI(Genuine ・・・・)を参考にした我々の造語です。「GDPの欠陥を克服して、3.11後の日本に適合した持続可能な真の進歩指標の創成と実践」を意図しています。

【3.11とJPIフォーラムの要領】
1)フォーラム開催は、もったいない学会会員・非会員にオープンに開催します。  非会員の方には、会員になっていただくことが前提です。
2)3.11・JPIフォーラムの主な課題として以下のものが含
まれます。  
① 3.11で何が変わったか、その調査・考察  
② 世界と日本の人口・エネルギー・食料問題の研究  
③ 日本における「成長の終焉」に関する研究  
④ JPI指標の開発と事例研究  
⑤ 地産地消費型の地域社会に関する研究と実践

【第一回フォーラム開催のお知らせと参加者募集】
(1)開催日 : 2012年1月23日(月曜日) 15時~17時頃
(2)開催場所: 参加者数が決まり次第、都区内で会場選定し、
通知します。

(3)第一回フォーラムの内容(参加者によるブレーンストーミングが中心です)   
① フォーラム設立の趣旨・目的の概要説明——–
–田村理事   
② 変わってきた石油ピークの世界と3.11後の日本、20
12年の展開を占う——石井吉徳会長   
③ ブレーンストーミングと次回からのフォーラム—-参
加者の皆さん

(4)参加通知の〆切 1月10日(火) 無料。
田村へメールで:yashima@
tea.ocn.ne.jp 

終了後、居酒屋で交流会(実費)あります。    

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です