第1章・2章と悲観的なことばかり書きましたが、それでもこの社会を悲劇に落とさないためにもできるだけのことをしな […]