メタンハイドレートは資源ではない:その1)資源は質が全て

 3・11の原発事故を契機として、以前からあった日本独特ともいえる、エネルギーについての、とんでもない誤解が喧伝される。日本近海の海底下にはメタンハイドレートが膨大にある、日本のメタンガス消費量の100年分もある、というもの。
NHKを含めたメディアにも、派手なキャッチフレーズで浮上する。溺れる者藁をもつかむ、かのよう、私は機会あるごとに警告してきたが、一向にその勢いは衰えない。

ここには、資源についての重大な誤解がある、「量」だけで資源を見る、「質」の視点がない。その期待感は、あたかも太平洋戦争が敗色濃厚のとき、日本は神国、いまに神風が吹く、そして鬼畜米英をやっつけてくれる、との神がかりの話が、あたかも実際に起こるかのように喧伝され、国民もそれに期待、願った。批判すれば国賊のようにいわれたものである。当時、幼かった私は今も覚えている、大人は何と馬鹿なのだろう、と。

今のメタンハイドレートも、そのようなお話だ。そこで改めて「資源とは何か」、小学校の理科レベルの話をしなければならない。何せJOGMECなどの経済産業省傘下の政府機関、東大を含めた学界、石油技術協会などの専門学協会など、メタンハイドレートを容認、むしろ宣伝する。すでにかなりの税金すら投入されている。

今では大小メディアなどは、まるでメタンハイドレートを3・11後のエネルギー救世主のようにもてはやす。神話は原発安全神話だけではないのだ。これでは危ない、3・11後の日本の未来が。
そこで「資源とは質が全て、量ではない」とのべる私のHP、下記:「資源とは」をまず参照されたい。
www1.kamakuranet.ne.jp/oilpeak/oil_depletion/netenergy.html

一言すれば、エネルギーはEPR=Energy Profit Ratioで判断すべき、入力エネルギーと出力エネルギーの比=エネルギー収支比で考えるべき、これがエネルギーの絶対条件、簡単なことである。

以上、その1)の終わり。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です