エントロピーとは(1)

entropy「エントロピー」の語源、en(中)とtrope(変化)です🍀

難しく言うなれば、英: entropyは、熱力学および統計力学において定義される示量性の状態量。

熱力学において断熱条件下での不可逆性を表す指標として導入され、統計力学において系の「乱雑さ」を表す、となる。

そして簡単な自然のお話、コップに一滴の赤インクを落とす、広がり薄なる、その逆は起こらない❗ 宇宙も一点から拡がったそうである。

いずれも経験がそう教える。これをエントロピーが増大すると言い、その逆をエントロピーの減少と称する。

減少にはエネルギーが、質の良い集中したエネルギーが必要である。質が大事なのだ。

これがエントロピー論の第一章、もうお分かりでしょう経験則なのである。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です